頻尿改善

尿切れの悪い人が取るべき対策とは!

大人の男性の悩みの一つに「尿切れ」の悪さというものがあります。トイレでの排尿後、満足に出し切れず、尿が下着にもれてしまう・・・そんな不快な思いしている人も多いと思います。

この状態について、若い頃は心理的な要因である事が多いのです。つまり「早く出さないと」という焦りから満足に出し切れず、もれてしまったというものです。

こうした尿切れの悪さは病的なものではないので、意識すれば直るのですが中高年の尿切れの悪さは膀胱炎や過活動膀胱・前立腺の働きなど様々な病気が原因になっているものもあるので看過する事はできません。

ここではそんな尿切れの悪さを改善していくためにどうしたらいいのか見てみたいと思います。

A.尿切れの悪さの原因

尿切れの悪さの原因は「尿道」に問題があります。尿道そのものが圧迫されていたり、尿道の奥にある球部括約筋というものの衰えです。

いずれの場合にも尿が出し切れず後になって染み出してしまうというものです。後者の場合は、加齢による衰えという事もあって仕方のない部分でもありますが、出すということを意識的にトレーニングすれば少しは改善するかもしれません。

しかし、前者は加齢によるものではなく膀胱炎や前立腺肥大など病的な原因によるものもあるので、何らかの対処法が必要なパターンもあります。特に前立腺肥大は尿切れの悪さだけでなく、頻尿、残尿感、血尿などの不快な症状を呈します。さらにガン化する事もあるので、注意が必要です。前立腺に関するトラブルは50代以降の男性がかかえる宿命とも言える病気で、前立腺の症状が進行したら病院の泌尿器科への受診も検討しましょう。

B.前立腺が原因なら

前立腺が原因の尿切れの悪さなら、病院からの薬や市販のサプリメントなどで対応するというケースが考えられます。特にノコギリヤシは医薬品とも使用されるほど効果が期待できる成分で、サプリメントにも応用されているのです。尿切れの悪さを心配するなら是非ともこれらを検討したいものです。

頻尿サプリはこちら



to TOP